わきがのにおいを抑える、リンゴの驚くべき効果。

最新の医学研究により、わきがを抑制する新発見がありました。

一風変わった方法ですが、ここでご紹介します。

わきがの原因であるアポクリン腺には、もともと「においになる元」がふんだんに含有されています。

含まれている元である成分は、タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分、ピルビン酸といったものです。

このうち、タンパク質の一種である「アポタンパク」が、格段、臭いを悪化させる原因だということが既に判明しています。

逆に言えば、アポタンパクさえ抑制することが可能ならば、わきがの臭いを大幅に抑制できます。

この問題のアポタンパクを低減できる効果があるのは、意外にも果物です。

その果物とはずばり、リンゴです。

リンゴの繊維質を、脇の下に当てることにより、アポタンパクの生成が抑制されると言います。

そこで、おススメなのが「リンゴを使った湿布」です。

まず「リンゴ1個」と「ガーゼ1枚」を用意しましょう。

リンゴの半分を絞り、絞り終わった後の繊維をガーゼに湿らせます。

それを、脇の下に貼るだけです。

そのことにより脇の下にあるアポクリン腺に染み込みます。

すると、アポタンパクが分解され、わきがが抑えられるというわけです。

これらの方法は、わきがの根本的対処ではありませんが、臭いを十分抑制する効果があることが実験結果により既に立証されています。

もう半分のリンゴはどうするかというと、そのままジュースにして、飲んでしまえば良いと思います。

その方が健康にも良いし無駄がなくて良いです。

リンゴの繊維は、体臭の原因になる動脈硬化の防止にも効果があります。

貼ってよし、飲んでよし。

まさに一石二鳥です。

リンゴの力で、わきが体質を改良させましょう。

結論としては、わきがの臭いを解消するにはリンゴの繊維を湿らせたガーゼを、脇の下に貼っておくことがとても重用だということです。

わきがは制汗剤では治せません@わきがに効くオススメ商品ランキング