ワックス脱毛の水溶性ワックスと油性ワックス

ワックス脱毛には水溶性ワックスと油性ワックスがあります。

水溶性ワックスは蜂蜜や砂糖が主成分なので肌に優しく、使用後は水やウェットティッシュで落とせるのが特徴です。毛の流れに沿って肌に塗ったら、ストリップスと呼ばれるシートを乗せて一気に引き剥がします。このとき毛の流れと逆方向へ剥がすのがポイントです。広範囲に使えて安価で市販されているのでとても経済的です。ただし毛の長さが1cm程度必要で、それより短いとワックスに上手く絡まなくて毛が抜けません。また、脱毛強度が油性ワックスと比較すると弱めになります。ワックス脱毛の初心者がセルフ脱毛に使うのにオススメです。

油性ワックスは松脂が主成分で、使用後はクレンジングオイルで落とします。大きく分けてソフトワックスとハードワックスの2種類あります。

ソフトワックスは5mm程度の長さで脱毛できます。柔らかいリキッド状のワックスなので広範囲に塗り拡げることができます。使い方は水溶性ワックスとほぼ同じです。脱毛強度はハードワックスと比べるとやや弱いですが、水溶性ワックスよりも強いです。

ハードワックスは産毛や2mm程度の短い毛でも脱毛できます。こちらはストリップスを使いません。ハードワックスを温めて溶かし、肌に塗った後に冷えて固まるのを待ちます。また、厚めに塗る必要があるので広範囲には向いていません。脱毛強度が強いので効果が高いですが、肌への負荷も大きいです。

ソフトワックスは市販で売っていてセルフ脱毛が可能ですが、ハードワックスはサロンでの施術がほとんどです。

カミソリでムダ毛を処理するときの注意点

Slim woman

Slim woman

ムダ毛の処理というとたくさんのやり方があると思うのですが、カミソリで処理する場合はいろいろと気をつけた方がいいのです。カミソリで処理するのは手早くムダ毛を処理できて楽でいいですよね。さっと剃れば終わるんですから、これだけ楽なムダ毛の処理方法はないでしょう。でもここで気を付けておいてください。実はムダ毛の処理は皮膚を擦って荒れさせてしまうことがあるんです。カミソリは使い方を失敗すると切り傷になったりしますよね。この切り傷にならなかったとしても、実は肌を擦って血が出ないくらいうっすら肌を傷つけてしまっていることがあります。

だからカミソリを使ってムダ毛の処理をするときは、できるだけ肌に傷つけないように気を配りましょう。さすがに素のままでカミソリで処理をしようとする人はいないでしょう。まったく何もつけずにカミソリを使っている人は、毛を剃りにくいですしね。でも水を浴びただけでムダ毛の処理をしている人っていうのは多いんじゃないでしょうか。そうではなく、できるだけボディーソープなどワンクッションおいてのムダ毛の処理の方が安心です。泡がクッションになって極力肌を傷つけないように守ってくれます。

カミソリでむやみやたらの処理をしすぎると、埋没毛など肌の状態を悪くしてしまう恐れがあるので、これにも気を付けてくださいね。それを防ぐためにもなるべく肌を傷つけないように気を付けて、ムダ毛の処理の回数を減らしてください。脱毛をするなどして、ムダ毛の処理をなるべくしなくていいようにした方が肌にはいいのです。